永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

永久脱毛の代表格が医療レーザーと赤外線を使用した施術です。素人考えで皮膚ガンや良くない病気を引き起こす副作用があるのではないかと勘繰ってしまうこともあるでしょうが、日本医学脱毛協会は長年の臨床結果から肌トラブルは無いと公表しています。基本的に永久脱毛というものは、人体に必要のない毛のみを除去します。使用するレーザーと赤外線は安全範囲内の出力に抑えられているので、副作用や病気を心配する必要はありません。

永久脱毛による副作用

ムダ毛の自己処理は肌バリアを傷つけたり、毛穴つまりを起こしたりすることで色素沈着や毛膿炎、ニキビなどができやすいものです。そんなトラブルを回避するには永久脱毛である医療レーザー脱毛が適しています。これは黒色の毛に反応するレーザーを皮膚に照射することで毛母細胞を破壊して毛の再生を止める方法です。大きな副作用はありませんが、熱の作用で脱毛する仕組みなので、肌質や体調によっては一時的に皮膚に炎症の赤みができることがあります。これはちょっとした火傷状態のような感じなので冷やすことで落ち着きます。またクリニックで行う脱毛なので、万が一のトラブルの際にはすぐに適切な対応をしてもらえる安心感や、施術前にはしっかりと肌を冷やす保護やアフターケアとして肌の保湿をするなどの配慮が行き届いていることで肌トラブルはほとんどないのが現状です。

永久脱毛で汗が増える?

口コミで永久脱毛を受ける事によって副作用としてワキ汗が増える、ワキガになると噂されていますが、脱毛を受ける事によって汗が増える事はありません。
脱毛を受ける事でムダ毛がなくなり、汗が肌にダイレクトに肌につたう事で勘違いして汗が増えたと感じてしまいます。
ワキの脱毛を受けることで副作用もなく、ワキガやワキ汗が増える事はないと言われています。
永久脱毛の副作用もないので、毛深い人は安心して受ける事ができます。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

永久脱毛は医療レーザーを使うため、深刻な肌トラブルが起こるのではないかと心配している人もありますが、基本的には医療機関でしか行えない施術なので、安全面については問題が起きないように配慮されています。
ただしレーザーを照射された肌は、熱がこもって乾燥しやすくなるので、施術を受けた直後は赤みが出たり、敏感肌やアトピー肌の人の場合は軽い火傷のような状態になることもあります。
大抵は冷たいタオルなどでしばらく冷やせば治まりますが、なかなか元に戻らないときは、相談すればすぐに治療が受けられます。
アフターケアが万全な医療機関を選んでいれば何も心配はいりませんが、それでも不安な方は、カウンセリングの際に、どのような対応をしてもらえるかを確認してから、施術を受けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です